がん、認知症と生きる貴女へ 訪問タッチケア【おん】

女性専門で、がん・認知症と生きる方に、タクティール®︎ケアを訪問で、させて戴いています。

ブーログ › がん、認知症と生きる貴女へ 訪問タッチケア【おん】

2018年06月15日 00:12  カテゴリ:かたつむり日記

介護の旅

飛行機 先日、外国人である夫は、親の介護のため、日本を発ちました。

親の介護は、自分がやるんだと ずっと言ってたけど、いざ発つ日が近づくと、

自分なんかにできるんだろうか、こちらで子供たちの為に 働いている方がいいのではと

迷いの言葉がチラホラ。出発の日。それぞれ用があるからと誰も空港まで見送りに行こうとしない家族。

大きな荷物をもった彼が一人で寂しそうに家から出ると、さあ、今度は子供たちが出発。

向かう先は、もちろん 空港!

着いたら見つからぬよう刑事ドラマの様に あとを追い、手荷物検査場に入る寸前、

お父さんに、「 ドッキリ 」 をプレゼント。

1週間早い父の日の贈り物も貰い、大きく手を振って出発ゲートに向かって行ったお父さん。

 家のことは、この頼りにならない私に、 いや 頼りになる子らに任せ、

最後になるかもしれない親孝行 しっかりしてきてくださいね 夜




 
  


Posted by おん │コメント(0)

2018年06月09日 00:40  カテゴリ:お知らせ

クルマのかたつむりステッカー

私が皆様のお宅を訪問させて頂くクルマには、ピンクのかたつむりのステッカーが。
(長女 作ですハートウィンク

そこには、連絡先として、自宅の電話番号が書いてあります。

運転中にステッカーを見て、お車からすぐに連絡を下さる方、ありがとうございます。

でも、家の☎なので、出られずに申し訳ありません。

仕事が終わり次第、帰宅致しますので、後ほどお電話頂けましたら 本当に嬉しいです ハートウィンク







  


Posted by おん │コメント(0)

2018年06月07日 22:21  カテゴリ:お客様の声

椅子に座ってのタクティール®ケア

くま 今日は、横になってではなく、椅子に座ってもらっての施術でした。

背中の施術の際には、椅子の背もたれが、お体の横に来るように、

また、手・足の施術時には、通常のように背もたれに体を預けて頂きます。

椅子に座っての姿勢では、ゆったりできないかと思いますが、

60分間、ほとんど眠っていらっしゃるご様子に、

私も気持ちよくなってしまいました。
(行う方もオキシトシンの分泌により、安心感に満たされるので)


くま 横になるより、座っての方が、楽な方、

遠慮なく、おっしゃって下さい。

その際、いつもご愛用の椅子、ちょっと 使わせてくださいね くま

  


Posted by おん │コメント(0)

2018年06月02日 12:37  カテゴリ:【おん】について

おん、って聞いて思い付くこと なあに❔

ハート今、これを読んで下さっているあなたは、おん、って聞くと何が浮かびますか❔

長女は、音楽の音。
次女  温泉の温。
長男  軽くうなずく感じ。(よく分からんなあ~)
次男  スイッチオン。

お世話になっている方々は、

動物の鳴き声 うおーん。
穏やかの 穏。
 

こんな私の  おんは、 おんがえしの恩なのです。
三女が6才でがんと闘っている時、
私の親友Kさんの呼びかけで、見ず知らずの方々が私達おやこの無事を
願ってくれました。手紙をくれた方、富士山頂神社のお守りを送ってくれた方、
お菓子をさしいれてくれた方、そして、Kさん自身は、入院中、1日として欠かす事なく
病院に来てくれました。

そんなわけで、私の おん はこれなんです。
5人きょうだいで、1ばんユーモアたっぷりの三女、さぞ面白い事を
言うんだろうなあと思いましたが、私と同じみたいです。

 お会いしたら、 あなたの おん 是非聞かせてくださいね。
  楽しみでーす ハート

  


Posted by おん │コメント(0)

2018年06月02日 07:50  カテゴリ:かたつむり日記

大事な友人に、お疲れ様。

晴れ
友人宅に行きました。今日でこれまで一年のがん治療が節目を迎えました。

1クールごと、ほとんど行かせて貰ってました。

心配になるほど滅入っている日もありました。

そんなある日、やれることあったらなんでもするから言ってね、という私に

 「じゃあ、一回だけ代わってよ」
でも即座に
 「なーんてね」と彼女。

私の寄り添う気持ちが足りなかった事と、無力を感じました。

それが彼女の、心からの声だったのでしょう。

 にこにこ素直に私にぶつけてくれて ありがとう。

自分への反省と共に、今後、お客様に接するときに心に留めておく言葉になりました 
                                                       キラン
  


Posted by おん │コメント(0)

2018年05月28日 18:54  カテゴリ:かたつむり日記

あらら、優勝

5月27日、ダンスの試合で福井県へ。

ワルツ、スロー、サンバ、チャチャチャの4種目。
信じ難いことに、ワルツで優勝。

息子が相手をしてくれるなんて、本当に有り難いこと。
娘たちは先生にもなってくれ、家族あってのダンスだと感謝しています。

帰りは、福井名物の大きな焼きサバをお土産にできました。
(お父さん、大好きだもんね。)

また、日が沈む時間の、北陸道、下りの杉津(すいず)サービスエリアエリアは、オススメです。
高台に位置するのですが、昔は汽車の駅でした。
人々は汽車を利用するため、海岸から2・5㎞の道のりを歩いたそうです。
北陸の美しい海を見下ろしす絶景に、大正天皇は、ご自身の汽車の出発を遅れさせたとか。

そして、上り方面の杉津サービスエリアは恋人の聖地。
う~ん、もうご縁がないかな(笑)


  


Posted by おん │コメント(0)

2018年04月26日 23:04  カテゴリ:お客様の声

させて頂くこちらも 幸せホルモン全開

本日のお客様 2名様にきいてみました
背中・手・足、どこの施術に一番心地よさを感じましたか?

手  1名様
足  1名様

今日も有難うございました。

私は、お客様が至福のときを感じてくれている時が分かります。
なぜなら、幸せホルモンであるオキシトシが、お客様の脳下垂体後葉から全身へ広がっている時は、私の体にも同じ様に分泌しているので、私も同じことを感じているのです。

今までに、各種マッサージでお客様のお体に触れさせて頂く機会は多々ありましたが、タクティール®ケアのようなものは初めて。

よく、疲れませんかと聞かれますが、それどころか、お客様のおかげで、私は元気でいられるのかも。

タクティール®ケアに出会えて良かった。

そして、今日のお客様に出会えた事に感謝しています。



  


Posted by おん │コメント(0)

2018年04月23日 15:28  カテゴリ:【おん】について

【おん】へのお問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
ご相談でも大丈夫です。

✴︎ 連絡先 ✴︎

08035155622

tomime9.kolin@ezweb.ne.jp


訪問専門ですので、プライバシーは厳守します。
一人で、そしてご家族だけで抱え込む事なく、
ご利用いただけたら幸いです。
  


Posted by おん │コメント(0)

2018年04月13日 23:43  カテゴリ:施術内容

施術内容

タクティール®ケアは、スウェーデンで1960年代、未熟児ケアを担当していた看護師が考案した技法です。マッサージ、指圧とは全く異なります。押したり、もんだりはしません。優しく、そしてしっかりと、包み込むように触れていきます。

施術箇所
 背中、手(手首~指先)、足(足首~指先)

時間
 60分

体勢

 ベッド、お布団、または、こちらが持参するマットレスに寝て頂いて。
 椅子に座っての施術も可。(椅子は貸してください)

服装
 普段着で。
 上  襟のある 薄手のシャツ (背中施術の心地よさのため)
 下  腰回りが柔らかいズボンかスカート(背中施術で、腰骨に触れるため、ジーンズ等硬い生地は不向き)

ご用意頂く物
 普段お使いのまくら






  


Posted by おん │コメント(0)

2018年04月13日 18:22  カテゴリ:タクティールケアとは

タクティールケアとは

この言葉を初めて聞く方も多いことでしょう。これは、1960年代、スウェーデン発祥のタッチケア。ラテン語の、タクティリス(触れる)に由来しています。
手(主に手のひら)だけを使い、柔らかく、そしてしっかりと、包み込むように触れていきます。場所は、背中、手(手首~指先)、足(足首~指先)。
タクティール®ケアがもたらすものは、痛み・吐気・不眠・不安・不穏の軽減。また、腸機能改善、生きる活力を高めることも期待できます。これらの根拠は、

①オキシトシン(oxytocin)の分泌。
②ゲートコントロール。

①オキシトシンは、別名、幸せホルモン。接触により脳下垂体後葉から分泌。その働きは、穏やかさ、安心感をもたらします。また、不安感の指標となる血液中のコルチゾールを減少させることも分かっています。注意すべき点は、オキシトシンの分泌は、7~10分で最大となるため、これくらいの時間は連続して触れている必要があります。

②ゲートコントロールとは、触覚や圧覚が痛覚を抑制するメカニズム。脊髄にある、痛みを脳に伝えるゲートが開いていれば痛みを脳に伝え、痛みを感じます。閉じていれば、痛みを脳に伝えることはできません。タクティール®ケアによって心地よさや安心感が生じ、痛みのゲートが閉じられることにより、痛みが軽くなったように感じるのです。

 有効性が考えられる対象
新生児ケア、リウマチ、糖尿病、脳卒中、ADHD、認知症、がん







  


Posted by おん │コメント(0)