心の癒し タクティール®︎ケア(スェーデン発祥の撫でるケア)【おん】

女性専門。がん、認知症と生きる方、精神的安定を求める方に、タクティール®︎ケアを訪問でさせて戴きます

ブーログ › 心の癒し タクティール®︎ケア(スェーデン発祥の撫でるケア)【おん】

2018年12月11日 13:52  カテゴリ:かたつむり日記

子を見守る



末っ子(中学生)のマラソン大会を沿道で見た。

ほぼドベ。

小学生の頃は、努力もせずに、スポーツなら何でも人並み以上が当たり前だった子。

それが中学生になって、彼の世界はひっくりかえってしまった。

小学生までは、お父さん(南太平洋トンガ王国出身)の血が勝っていて、突然、体育が1番の苦手だった私の血が優勢になったのだろうか?

(オマケ: あちらの国の博物館で、「海を漂流、泳ぎ渡れた者が住み着いたのがトンガ」というのを見つけた。だからなのか、あの体力は!)

中学生になったある日、
「ボクは、いったいどうなっちゃったんだ?自分でも分からないんだよ」
体育の成績を見て震えていた。


今日、あんなに遅くとも、走り切ってゴールした。

「大丈夫だ!
伸びるために、今がどうしても要るんだ!」

(えらそうな事言って、実は自分に一番言い聞かせている私です)

今日も冷えますネ。
みなさん、どうぞ師走で忙しくても
ご自愛だけはお忘れなく! ( ◠‿◠ )

  


Posted by おん │コメント(0)

2018年12月10日 22:11  カテゴリ:タクティールケアとはカテゴリ:お客様の声

タクティール®︎ケア プチ講座6日目

タクティール®︎ケア プチ講座6日目
今日は、「接触」についてお話します。

接触って言っても、大きく分けて2種類
1:肯定的接触
2:否定的接触

1は、満足や心地良さを感じるもの

2は、それを感じることが出来ないもの
(セクハラ、いじめ、そして医療や介護の現場で手荒に扱われたと一方的に感じる場面も)

タクティール®︎ケア は1 でなければならないので、接触を望まない方には決してしませんし、
施術する時にも、「◯さん、タクティール®︎ケア をさせて下さい」とお願いのあいさつをします。

(また不快と思ったら途中でやめてしまう方が、我慢してやって貰うより、ずっと良いことです。)

マッサージではなく、タクティール®︎ケア は、体よりも心のケアに重きを置いているからです❣️

さて、問題⓱にやっと到着。

さっきの1:肯定的接触は、とても良いことだとわかるのですが、ひとつ問題も有るんです。
さて、どんな点でしょうか?

答え:
肯定的接触は、歳と共に減っていくという点!

赤ちゃんの頃は非常に多くても、自分で何でも出来るようになった頃にはかなり減っています。

NHK朝イチでは、夫婦がいつまでも仲良く過ごすために、接触が大切だと、タクティール®︎ケア についても紹介。

でもタクティール®︎ケア でなくとも良いのです。
たまには、背中をさすってあげたり、手をつないでみても❣️

触る側も触られる側も気持ちいい、
そのため両者の脳でオキシトシン(安心のホルモン)ができ、血液を介して身体中に運ばれ、心が落ち着く。

まさに、この肯定的接触側がタクティール®︎ケアの原理 なのです。

みなさんも出来たらこのあと、ご家族、お友達、ペットに優しく触れてみて下さいネ

できない時は、微笑みかけることだけでも十分肯定的接触だと思いますよ❣️

そうそう、「人は1日に一回ハグが必要」
と言ったのは誰でしょうか❓

答え:ジョン レノンの奥さんオノ ヨーコさん。

みなさん、今日もありがとうございました
( ◠‿◠ )






  


Posted by おん │コメント(0)

2018年12月09日 23:26  カテゴリ:かたつむり日記

中根やすひろ(前衆議院議員) さんとお話



いかが?素晴らしいテーブルでしょ ❣️
私が作りました! と言えなくて残念 ^_^

全てホスピス研究会(愛知県岡崎市)代表、AKANEさんの作。
今日は、今年最後のお食事、おしゃべり会でした。

参加者27人。
(がんと共に前向きに生きる人、それに寄り添う人)

前 衆議院議員 中根やすひろさんも、患者さんを支える側で参加くださいました。

(アレ、どこかで見たことある人だなぁ、と思ったら、ウチのすぐそばに貼ってあるポスターでした)

がん、認知症とその予防、行政の支援拡大、タクティール®︎ケア について、2人でお話出来たのは、思ってもみなかった事でした。

中根さんの、「誰もおきざりにしない」という温かさに驚きました。

ホスピス研究会岡崎 会員のみなさんにはいつも、明日に向かうための力をしっかり頂きます。

深刻な悩みを打ち明けて下さった方もいました。

お話を聴くこと、寄り添うことしか出来ませんが、こんな私で良かったら、どうぞ話してください。

そう真に感じた今日でした。

私には、感謝しかありません。








  


Posted by おん │コメント(0)

2018年12月08日 22:51  カテゴリ:タクティールケアとはカテゴリ:お客様の声

タクティール®︎ケア プチ講座5日目



人にはなんと言われようが、
自分は自分の道を信じて進む。

それがいいって分かってはいる。
でも、なかなか出来ないんだなぁ (^_^)

タクティール®︎ケア プチ講座5目

昨日は、タクティール®︎ケア の効果の秘密、
ゲートコントロール理論についてお話しました。

「タクティール®︎ケア ってマッサージ?」
という質問、すご〜く多いです。

⓰さて、みなさんはどう思われますか?
答え:
一般的なマッサージとは、全く異なります。

●足ツボ(リフレクソロジー)、リンパマッサージ、指圧などは、ツボや筋肉を刺激することで効果を得ます。
タクティール®︎ケア は、柔らかく、しっかり包み込む様に、ゆっくり撫でることによって、効果を得ています。

●安全性が、非常に高いです。
(コレは、間違えなく❗️です)

●リンパ節や血液の流れに注意しながら施術する必要がありません。
(だから、勉強すれば習得できます)

●赤ちゃん、子ども、お年寄り、どんな方にも受けて頂くことが出来ます。

●特に、病気で辛い思いをされている方に喜んで頂けます。

●とにかく「相手の心に、完全に寄り添います」


私は、足ツボもリンパもタイ古式もやってきました。

だからはっきり言えます。
タクティール®︎ケア は、
「心の癒し」
ここが1番、他とは違う点です。

マッサージのように、筋肉を揉みほぐされる感覚は有りません。

代わりに、疲れた心を抱きしめてくれる感じ。

だから私は、色々なマッサージをしてきたのに、
タクティール®︎ケア に出会った時に、一目ぼれしてしまったんです。

えへっ (o^^o)
今日は私のタクティール®︎ケア への熱い思いが入っちゃいました。

今晩は、今までになく冷えます。
みなさん、暖かくお休みください。
そして明日もお元気でいてくださいネ
( ◠‿◠ )








  


Posted by おん │コメント(0)

2018年12月08日 00:22  カテゴリ:タクティールケアとはカテゴリ:お客様の声

タクティール®︎ケア プチ講座4日目



何か物を貰うよりも、自分のこと認めて貰えたり、
褒めて貰える方が、ずっと心に響きます。
こんな人になりたい。

タクティール®︎ケア プチ講座4日目。
わーい 脱 3日坊主 (^ν^)

昨日は、オキシトシンとの関係についてでした。
さて今日は、どんな質問をしようかな ^_^

タクティール®︎ケア の効果の根拠がオキシトシンだったと明かしましたが、実はあと1つ有るのです!

ヒントは、タクティール®︎ケア には、精神的苦痛の緩和の他に、肉体的苦痛の緩和の力が有るということ。

⓯さて、効果の根拠、あとの1つとはなんでしょうか?
答え:
ゲートコントロール理論。
これは、触覚や圧覚が、痛覚を抑える仕組み。

敢えて教科書通りのめんどくさい言い方をすれば、

「痛い時に肌に触れる」事により皮膚にある触覚が刺激されて、その信号が脊髄に伝えられます。
脊髄には、痛みを感じる痛覚からの信号も同時に送られてきますが、触覚の信号の方が、痛覚の信号よりも早く伝わるため、痛みが軽減される。

うーん わかった様な、わかんない様な〜

では、私が思いっきり分かり易く解説しましょう。
「痛いの 痛いの 飛んでけ〜!」
コレですよ!
ホラ、大昔、転んだときとかにお母さんがやってくれたでしょう❣️

誰かが触れていてくれたら、なんだか痛みが軽くなった気がする。
これが、痛覚よりも圧覚のが早く脊髄に伝わっているってことなんです。

お母さん達がしてくれた、あのおまじない、
しっかり理にかなっていたんですね
(今になって、有り難い。亡き母に感謝)

まさにタクティール®︎ケア の優しくしっかり、包み込む様に撫でる手法は、辛い痛みを感じにくくしてくれているのですね。

今日は、タクティール®︎ケア のもうひとつの秘密、ゲートコントロール理論についてお話しました。

もうひとつは、覚えていますか?
そうそう、オキシトシンの分泌でしたね〜

今日も一緒に勉強して下さって
ありがとうございました。

明日はだいぶ寒そうです。
どうぞ風邪など引かないで
お元気でいて下さいネ ( ◠‿◠ )


  


Posted by おん │コメント(0)

2018年12月06日 23:25  カテゴリ:タクティールケアとはカテゴリ:お客様の声

タクティール®︎ケア プチ講座3日目


ペンギンさん、私は
落ち込んで下向いてる自分も
受け入れられたらな、
なーんて ('ω')

さあ、タクティール®︎ケア プチ講座3日目
今日も宜しくおつきあい下さいネ ^_^

➓タクティール®︎ケア で出るオキシトシンの作用は?
答え:
鎮静作用。
だから不安感が緩和され、穏やかさと安心感で満たされるんです。

⓫オキシトシン出たら、触れるのをやめてもいい?
答え:
出始めて7〜10分くらいで、分泌量がマックスに!
こんな訳で、せっかくだから、10分はした方がいいですよネ〜

⓬やってる方には、オキシトシン出ないから損⁉️
答え:
いえいえ、これにはビックリしてください‼️
やって貰ってる方にも、やってる方にも、
同じ様にオキシトシンは出るんです。

⓭え〜、どうしてやってる方にも?
答え:
チョット想像してください。
動物がいます。(さっきのペンギンさんでも)
撫でられて気持ち良さそうにしてたら、
こっちまで気持ち良くなってきません?

だからオキシトシンは、接触している両者に分泌されます。
(公平で、良かった ^_^)


⓮じゃあ、自分の好きな人や家族にやってもいい?
答え:
そうなんです。NHKあさイチでは、夫婦仲を深めるメソッドだとしていましたネ。

タクティール®︎ケア が使えるのは、介護と看護の場だけではないんです。

子供達同士で行なっている学校も有り、教育の現場でも取り入れられています ^_^

今日は、タクティール®︎ケア とオキシトシンの話でした。
触れるだけで、お互いの心が満たされるなんて素敵ですね
( ◠‿◠ )

では明日も皆さまが元気でいて下さいます様に。



  


Posted by おん │コメント(0)

2018年12月05日 18:25  カテゴリ:タクティールケアとはカテゴリ:お客様の声

タクティール®︎ケア プチ講座 2日目


この子みたいに 言えたらいいのにな。
私は、まだまだ。

昨日に続き、タクティール®︎ケア プチ講座
2日目のはじまり はじまり〜 ( ◠‿◠ )

❺タクティール®︎ケア の発祥は?
答え:
1960年代、スウェーデン。
未熟児医療に携わっていた看護師が考案。

(あらら、私が生まれた頃だわ!ソレてすみません)


❻未熟児が育ったってコト?
答え:
はい!
看護師達が手で触れるケアを行う中で、赤ちゃん達は、安心感に満たされ、体温が上がり、ミルクを飲み、体重が増加していきました。

今でこそ未熟児に対するタッチケアはアメリカ始め各国で研究されていますが、この頃では画期的な視点だったんです!


❼「なぜ 効果があるのか❓」
答え:
いよいよタクティール®︎ケア の秘密に迫ります。
効果の根拠の1つは、

「オキシトシンの分泌」です!

❽オキシトシン、聞いた事あるけど、何だった?
答え:
脳の視床下部で作られるホルモン。
出産時の子宮収縮、授乳時の乳汁分泌に関与。

不安感やストレスを軽減させる働きもあるため
又の名は「愛情ホルモン」、「絆ホルモン」、「ハッピーホルモン」、「安心と信頼のホルモン」等、色々。

❾どうしたら、オキシトシンが出るの?
答え:
心地良く「肌に触れる」事で皮膚にある触覚の受容体が刺激され、知覚神経を通して脳に信号が送られる事で、オキシトシンが分泌されます。

(もっと簡単に言えば、心地よい刺激が加わるとオキシトシンは分泌されます! )

そして、脳から血液を介して体中に広がるオキシトシンは、安心感をもたらすだけでなく、
コルチゾール(不安感のもと)も低下させるのです。

(すごい!それで最近よくオキシトシンって聞くんですねー)


( ◠‿◠ ) お疲れ様でした。
今日はタクティール®︎ケア の秘密の1つを明かしました。
続きはまた明日。
明日も皆さまにとって良い日でありますように!

  


Posted by おん │コメント(0)

2018年12月04日 23:21  カテゴリ:タクティールケアとはカテゴリ:お客様の声

タクティール®︎ケア プチ講座 1日目



❶タクティール®︎ケア ってなーに?
答え:
包み込む様に、そして一定の法則に基づいて撫でるタッチケアです。


❷どんな人に?
答え:
主に、がん、認知症など、病気で苦しい思いをされている方。
心の安らぎを必要とされる方に。


❸どんなことが期待できるの?
答え:
1 精神的苦痛の緩和
(不安感を取り除き、安心感をもたらす)

2 肉体的苦痛の緩和
(痛み、むくみの軽減。筋の弛緩)


➍マッサージ?
答え:
ツボの押圧や、筋肉に働きかけるマッサージとは全く異なります。
1番の目的は、心のケアです!


( ◠‿◠ ) お疲れ様でした
本日のタクティール®︎ケア プチ講座はここまで 。

また、明日、お目にかかれますように。
ありがとうございました。



  


Posted by おん │コメント(0)

2018年11月29日 10:34  カテゴリ:かたつむり日記

ミュージカル「オン ユア フィート」


長女が今度は、コレに出るそうな。
ラテンダンス大盛り。キューバ舞台のミュージカル。
興味のあるお方は、良かったら。

我が家らしく畳にチラシ置いて撮りました!
  


Posted by おん │コメント(0)

2018年11月28日 22:59  カテゴリ:お知らせ

まちゼミ


タクティール®︎ケア、次回愛知県岡崎市のまちゼミ 参加 決定!

またゼミは、各商店主が講師となり少人数制ゼミナールを開き、その専門知識を無料(材料費のみ実費)で皆様にお伝えするという、取り組み。

17年前にスタートし、今では全国360地域で 開催。

ところでどこで誕生したのでしょう?
なんと ココ 、岡崎の商店街だったのです!

今回私は、まちゼミで、タクティール®︎ケア の心地良さを1人でも多くの方にお伝えしたい。

そして、何より、精神的癒しを求める方に、少しでも楽になって頂きたい!

現在タクティール®︎ケア が行われているのは、介護施設か病院。一般の方が気軽に受けられる場所は、まだほとんどないのが現状。

私は、ご自宅で精神的に辛い思いをなさっている方に寄り添いたいのです。

期間は、2/16〜3/31 。
タクティール®︎ケアの説明と無料施術体験を予定しています。

決まり次第、お伝え致しますので、
心の安らぎを求められる方、ぜひ気楽にご参加下さい。

写真は、まちゼミ説明会に行く途中、岡崎公園内お茶室 城南亭。

あまりに綺麗で、ボーっと見とれてました
( ◠‿◠ )



  


Posted by おん │コメント(0)