岡崎・タクティール®︎ケア【おん】スウェーデンの『撫でる』タッチケア。がん、認知症、うつ病の女性、不登校の子供さんへ

北欧で生まれた緩和ケア 《タクティール®︎ケア 》
タクティール®︎ケア とは、柔らかく包み込んで「撫でる」ことで、オキシトシン(ハッピーホルモン)を分泌させ、痛み、不安、不眠を和らげるタッチケア。 スウェーデンでは病院の補完療法として確立されており、日本でも120以上の施設で行われています
NHKためしてガッテン、あさイチ、BSプレミアム、看護テキスト 紹介
5人の子のうち4番目が7才でがんに。娘は「さわってるだけでいいから、お願い」と泣きました。
その時だけは、痛みがなくなるのだと・・・
ーがん、認知症、うつ病の女性の 生きづらさをなくしたいー
ご相談だけでもだいじょうぶです 電話080-3615-5622 [email protected]        

2020年03月04日 01:20  カテゴリ:かたつむり日記

若い命と中学校卒業式

5人の子の1番下が
いよいよ中学卒業。

延べ15年お世話になった
この中学と
親子ともに今日でお別れ。



卒業証書授与。
名前を呼ばれ、返事をしていく。

ある子の名前は
卒業生全員で返事をした。
その子の制服は、友人の腕の中に。

終わりのない友情と悲しみに満ちた
200人の声は
体育館全体に響き渡った。

『みんな 生きて
みんな おとなになって。』


緊張な面持ちで段に上がって
証書を貰っていく子らに
心の中で手を合わせた。




悲しい事故で大切な友を失った
子どもたち。

この年にして
あまりに辛い別れだったろう。

式が終わり生徒たちは、中庭に出た。

遺影の友はひっきりなしに
皆に抱かれ
写真に入っていた。

その芯からの優しさ、
そして茶目っ気から
みんなに愛されていた子。

今日もやっぱりその子は
その子のままだった。

親も子も
決して忘れることのない
大切な卒業式が
心に刻まれた。

とみめ




  


Posted by おん │コメント(0)