岡崎・タクティール®︎ケア【おん】スウェーデンの『撫でる』タッチケア。がん、認知症、うつ病の女性、不登校の子供さんへ

北欧で生まれた緩和ケア 《タクティール®︎ケア 》
タクティール®︎ケア とは、柔らかく包み込んで「撫でる」ことで、オキシトシン(ハッピーホルモン)を分泌させ、痛み、不安、不眠を和らげるタッチケア。 スウェーデンでは病院の補完療法として確立されており、日本でも120以上の施設で行われています
NHKためしてガッテン、あさイチ、BSプレミアム、看護テキスト 紹介
5人の子のうち4番目が7才でがんに。娘は「さわってるだけでいいから、お願い」と泣きました。
その時だけは、痛みがなくなるのだと・・・
ーがん、認知症、うつ病の女性の 生きづらさをなくしたいー
ご相談だけでもだいじょうぶです 電話080-3615-5622 [email protected]        

2019年06月27日 23:27  カテゴリ:かたつむり日記

「 家庭文庫 」

いつかその子の力になるように
本を渡す


➡︎ どんぐり文庫主宰者
犬山市 古川よし子さん




古川さん (74才)は、自宅に
児童書を集め、
子どもたちに貸し出しと読み聞かせを
行なっている。


この活動が、「 家庭文庫 」

その期間 27年。

今や蔵書数 1万5千冊。

年金のうち 毎月少なくとも 3万円
1年で 50万円が児童書に替わるという。

その子が求める本を
すぐに出してあげられない時は、
悔しくて、

書店に探しに行く。



そんな古川さんにお世話になった子が
大きくなって、戻って来ることも。
自分の子供を連れて。

『いつかその子の力になるように
本を 渡す』


私も、幼い頃 してもらったんだった…
小学校の 校長先生 に。

その方の おかげで
八方ふさがりの状況に
置かれた時でも
本が私を助けた。

40年以上経った今も
先生がくれた
「 本との出会い 」が
私を支えているんだなぁ。

幼い頃 良い本に出会った感動が
今も私の心に生き続ける…



先生に 一生 感謝。

◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️



















  


Posted by おん │コメント(0)

2019年06月22日 23:41  カテゴリ:タクティールケアとはカテゴリ:かたつむり日記

岡崎市 甲山閣 でのタクティール®︎ケア

ただいま引っ越しの為
岡崎市甲山閣にて (╹◡╹)

( どこから見ても高級旅館。
ある方の別荘を市が買い取ったと
気さくな管理人さん)

その静寂の和室での
今日の2時間は
忘れられないものとなった。

お客様のお話を聴いた。

お体のこと、
お仕事のこと。

人生に起こる事で
ムダなことはない


重い病を経て、彼女は今、
慈しみとユーモアにも溢れて、
苦しみを抱える高齢者とそのご家族の
支えとなって奮闘している。

助けを求めてやって来る人達に対し
彼女は惜しみなく
一緒に考え、
動こうとしている


しかし
そんな彼女に
立ちはだかる「壁」は大きい…


お部屋を借りた2時間
瞬く間に過ぎ、
タクティール®︎ケア を受けずに
帰られる彼女をハグした。

ふわりと柔らかくも
がっしりとしたそのお背中に
どれだけの人の希望が
乗っているんだろう



私が この方の
「 ひとしずく 」になれたら…



◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️













  


Posted by おん │コメント(0)

2019年06月20日 21:55  カテゴリ:かたつむり日記

米 高校ロゴにキノコ雲

➡︎ 留学先の高校のロゴマークが
キノコ雲と知った
日本の高3女子のとった行動




古賀野々華さんが留学した
アメリカリッチランド。

この町には
「 誇り 」 があった。
それは、
この町で生み出したプルトニウムで
広島に原爆が投下され、
戦争を終結させた


だから町の高校のロゴには
「 キノコ雲 」


町のレストランのメニューには、



これに違和感を感じた 彼女は、



被爆した側の 思い
を訴え続けた。



この行動により、
町の人たちが今まで
当たり前と思ってきた事に
疑問が生じ、
考える余地が生まれた。



慣れるにでもやっとであろう
留学先の町を
敵に回してでも とった
高校3年女子の行動。

勇気をもらった。


◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️
  


Posted by おん │コメント(0)

2019年06月16日 21:30  カテゴリ:かたつむり日記

広島 「伝承者」

被爆体験者が少なくなっている中
広島市は、体験者に代わって語り継ぐ
「伝承者」を育成している



その大きな力 となっているのが、
胎内で被爆を経験した 濱住さん。


彼は、核無き世界が実現する様、
最も若い被爆者として
世界会議でも発言をする。



武器を捨てなければ決して
得られる事のないもの …
それは、
世界の平和




「 良きことは
カタツムリの速度で動く」


マハトマ ガンジーの非暴力運動
を思い出す。

◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️




  


Posted by おん │コメント(0)

2019年06月15日 21:10  カテゴリ:かたつむり日記

車道の子猫

今日、国道248号線を
車で走っていて

岡崎市六名町辺りの
信号で止まっていた時のこと。

隣の車線に止まっていた
トラックから、
頭にタオルを巻き
タバコをくわえた若い男性が
急いで降りて来た。


「どうしたのかな❓」
多分、他の車の人も
ビックリしたと思う。

彼が駆け寄った先には…

ひかれてしまった
産まれたばかりだろう子猫…

彼が手を差し伸べると
よちよちと歩いた❗️

車道の真ん中に横たわっていた
子猫は、生きていた。

大きな手のひらに優しく抱いて
歩道の草の中まで
連れて行った 彼。


思い切り拍手した。

子猫、元気に生きるんだよ。

勇気と優しさを
見せてくれた男性

ありがとう。

あなたのおかげで
今日は なんて気持ちいいんだろう(╹◡╹)



◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️
◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️




  


Posted by おん │コメント(0)

2019年06月13日 21:30  カテゴリ:かたつむり日記

8050問題

➡︎ハチマルゴーマル問題


「引きこもりの子どもが中高年となり、
高齢の親と共に
社会から孤立してしまう 問題」

中高年のその人数 61万人
(現実は これ以上)


私の外国人の旦那は、
「引きこもり」に驚く。

「働けるのに、遊んで
なまけてる人なら居るよ。
街は、そんな人でいっぱい。

だって家に居たって
つまらないだろ?

みんな、
街に出て来るよ。」

旦那の国は、
南太平洋 トンガ王国

「引きこもり」という概念からは
ほど遠いらしい。

彼の小さな国では、
若者であっても
ひとりで過ごす
という時間は少ない。

常に、人との中に
自分の存在が居る。
(私も暮らしたけど、
干渉されてる めんどくささ 有り)

でも、人と人が干渉し合って暮らす
んで、引きこもりは起こり得ない。

(まあ、よその国と比べても仕方ない)


だけど、私、思うんですよね〜。

誰だって引きこもりたい
と思う時が有るのでは
ないでしょうか❓

(ネット一台有れば、
それは容易に可能となる)

私たちは、
引きこもり イコール 悪
のレッテルを貼り過ぎてはいないだろうか。


これでは、引きこもりの子を持つ老親までも
社会にうとまれ、孤立するより他ない。

「悪 という価値観を私たちが捨てて
彼らがオープンにカミングアウト
できる社会になれば」


(性同一性障害やうつ病に対しての
見方だって近年大きく変化したのだから)
(╹◡╹)
◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️










  


Posted by おん │コメント(2)

2019年06月07日 21:41  カテゴリ:かたつむり日記

日本舞踊「鶴亀」

今日、いつものお客様は、
大きな荷物を持って
我が家に。

施術が終わると
お着替えされるというので
私は部屋の外に。

戻ると お客様は…
軽やかな 夏のお着物姿❗️

そして、
先程のマットレスを片付けると



施術の部屋は、舞台に。

お客様は、
日本舞踊を舞って下さった。

ただ私ひとりのために
見せて下さった 「 鶴 」の舞。


目の前で 鶴が飛立つ…
何という贅沢なひととき。

私がお客様を癒しているなんて
とんでもない



こうしていつも
力 を戴いているのは 私。

それを 感謝と共に
毎回 感じている…


◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️
















んm  


Posted by おん │コメント(0)

2019年06月03日 18:14  カテゴリ:かたつむり日記

NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」

➡︎ NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」

治る見込みのない難病の女性が
スイスに渡り、安楽死を迎える
ドキュメント。

彼女が亡くなっていく
その瞬間まで、
カメラが止まることはなかった。



スイスに同行したのは、
2人の姉たち。

自殺未遂を繰り返し
苦しみ抜いた妹の選択を
迷いながらも、
容認していく。




同行しなかった
4人姉妹 末っ子である
彼女の妹は、

何もできなくなっても
いいんだよ。
みんなに 頼って
生きよう




(自らの手で、最後の薬を入れる)



そして
もうひとつの家族のあり方。

彼女と同じ病の女性。
残された機能は、
目の開閉


彼女は目の動きで
「延命」
措置の選択を伝えた。

理由は、
家族の何気ない会話の中に居たいから。

家族と共に車の中から、
満開の桜を見つめる
女性の目にあふれる 涙。

女性の全てを
受け入れていく家族。

もし
自分だったら…
家族だったら…


◾️□================================

 タクティール®︎ケア[おん]
 気軽に、お問い合わせください
 ◎電話番号 080-3615-5622
 ◎施術内容 http://tomime.boo-log.com/c20389.html
 ◎料金   http://tomime.boo-log.com/c20391.html

 ===============================□◾️




  


Posted by おん │コメント(2)